ヨーロッパ(フランス・ベルギー・デンマーク)を中心にセレクトしたインテリア雑貨とアクセサリーの通販サイト
HECATE*WEB SHOPのowner's Blogです。
商品のこと…インテリアのこと…parisのこと…日々の素敵なことを綴ります。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Paris 買付日記 MontmarteからRue des Martyrs | main | Paris買付日記 Musee d' Orsay >>
Paris 買付日記 Musee du Louvre
 

今回パリでしたいことのひとつに、「ルーブル美術館とオルセー美術館に行く!」
がありました。

美術館鑑賞の強い味方に「ミュージアムパス」があります。
主要な美術館が見放題で
2日間券が39ユーロ、4日間券が54ユーロ、6日間券が69ユーロです。
このパスを見せるだけで入場できるので、入場券を買うのに並ばなくて済みますと
便利なのですが…

当日券は、ルーブル12ユーロ、オルセー9ユーロ、合計21ユーロです。
となると、ミュージアムパスの39ユーロはちょっと高過ぎませんか?

実は当日券購入に並ばなくて良い方法がもう一つあります。
空港のインフォーメーションで前売り券を購入する方法です。

この場合、ルーブルチケット12+1.6ユーロ(手数料)、オルセーチケット9+1.7
ユーロ(手数料)合計24.3ユーロでOK。

空港のインフォーメーションって混雑なく結構便利なんです。


前売り券のおかげで並ぶことなく入場でき、「モナリザ」「ナポレオン1世の戴冠」など名画をテンポよく進んでいたのですが…
途中「古代エジプト」のコーナーで迷宮に迷い込んだように出口がわからず、
同じところを何度も何度も歩く始末。

やっとの思いで外に出れば、すっかり日が落ちていました。






パリの展示会で買い付けた商品はこちらのサイトで購入できます。
 ←click
スポンサーサイト
COMMENT