ヨーロッパ(フランス・ベルギー・デンマーク)を中心にセレクトしたインテリア雑貨とアクセサリーの通販サイト
HECATE*WEB SHOPのowner's Blogです。
商品のこと…インテリアのこと…parisのこと…日々の素敵なことを綴ります。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< クラシカルアクセサリースタンド | main | paris 買付日記 パリの案内人 >>
paris 買付日記 private homes

 
航空券を購入できたら、次は泊まる所を確保しなければいけません。
パリは素敵なホテルがいっぱいありますが、2週間ほど滞在する場合
昼食、夕食とも外食はかなり疲れます。

展示会で1日中歩き回った日は、お家でゆっくり食べたいなぁ…って思うものです。
なので私はホテルでなく、キッチンがついたアパートを予約します。

private homesのサイトは、素敵なアパートがいっぱい。
アパートの写真を見るだけでも、うっとりParis気分に浸れるのでぜひ覗いて見てください。

http://www.private-homes.com/paris/jp/



口コミでは良くない話もありますが、私がお借りしたオーナーのChristelさんは
とっても親日家でチャーミングな女性です。

システムはとっても簡単。
private-homesの日本語サイトから申し込んで、カードで手数料192.5ユーロを支払います。
残金はチェックイン時に現金でオーナーに支払います。
(ただオーナーによっては、先に50%のデポジットを要求される場合などもあります)

Christelさんは、インテリア関係のお仕事をされているので、お部屋のインテリアも
素敵です。

これはアパートの外観写真。アパートのクラシックなドアを開ける時が
ちょっとウキウキします。


ホテルのチェックインと違って、アパートのチェックインの場合、ゴミの出し方や
電化製品の使用方法などきちんと確認しなければいけないことがいっぱい。

恥ずかしながら海外買付の仕事に携わっていますが、英語力は中学1年生…。
そこで素敵な通訳の登場です。
通訳については、次回アップします。

パリの展示会で買い付けた商品はこちらのサイトで購入できます。
 ←click
スポンサーサイト
COMMENT