ヨーロッパ(フランス・ベルギー・デンマーク)を中心にセレクトしたインテリア雑貨とアクセサリーの通販サイト
HECATE*WEB SHOPのowner's Blogです。
商品のこと…インテリアのこと…parisのこと…日々の素敵なことを綴ります。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
1∞ ミナカケル ―ミナ ペルホネンの今までとこれから

 
どうしてもどうしても見たくて長崎まで行ってきました。
長崎県美術館で開催されている「1∞ ミナカケル ―ミナ ペルホネンの今までとこれから」展・・・

デザイナー・皆川 明氏のブランド「ミナ ペルホネン」が20周年を迎える節目を記念して開催されました。
青山のスパイラルホールに続き、さらに規模を拡大した展示会です。

過去に発表したテキスタイル、洋服、プロダクトが一堂に展示され、
さらにテキスタイルの原画やレースの仕様書、洋服のパターンなど

皆川 明氏のものづくりの裏側が垣間見れる貴重な資料の数々・・・

ミナのファンだけでなく、ものを作る仕事に携わる者にとっても
ワクワク興奮だらけの構成になっていました。


皆川 明氏が作り出す世界観にどっぷり浸れる
なんとも幸せで夢見ご心地な時間を過ごすことができました。















 
お暇でしたHECATE*WEBSHOPへお立ち寄り下さいませ。↓


 
ブログ ライン.png
いつも応援頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とても嬉しいです。
mt EXPO 2015 at KIITO

この画像、一目見て何かすぐわかる方はかなりのmt通。

神戸の「KIITO デザイン・クリエイティブセンター神戸
で開催されている「mt EXPO 2015 」に行ってきました。
パリで開催されるインテリア見本市「メゾンエオブジェ」にも出店し、
世界的に人気のあるマスキングテープのブランドmtのイベントです。


小さい女の子の後ろには、8万個のマスキングテープが吊り下げられ
とても幻想的な世界が出現。
限定品や復刻品、いろいろなワークショップなどmt好きにはたまらない
催しがいっぱいです。

私の戦利品は、
大好きミナ・ペルホネンのタンバリン柄
BENGT&LOTTAのフラワー柄クリスマス柄の3点をお買い上げ
おかお(幸せ)



会場になっているKIITOは、元は生糸検査所だそうで、
向かいの神戸税関ととも1920年代に建てられたとても趣のある建物です。

この辺りは古き良き港町神戸らしい情緒たっぷりのエリアです。
やっぱり神戸はいいなぁ・・・
ちゅん

 

 
お暇でしたHECATE*WEBSHOPへお立ち寄り下さいませ。↓


 
ブログ ライン.png
いつも応援頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とても嬉しいです。
大古事記展 コノハナサクヤヒメ
遥か昔のことですが、
私たち夫婦は新婚旅行に伊勢神宮を選びました。

その当時2人とも本当に仕事が忙しく、
長期のお休みが取れなかったのと、
伊勢海老を3食食べさせてくれる民宿があると聞き、
2泊3日のお伊勢参りに決めたのです。

今思うと新婚旅行に伊勢神宮なんて
かなり渋いセレクトだと思いますが…
本当に忙しかったので、少しでも休みが取れるのであれば
何処でもよかったかもしれません。


駅前でタクシーに乗ろうとしたら
「 よかったら伊勢神宮の案内をしますがいかがですか?」
と初老の紳士が声をかけてきました。

「 実は今日は会社の社員旅行でタクシードライバーはいません。
なので社長の私がこうして運転手をしています。」とのこと。
別にこれといって予定もなかったので、半日観光をお願いしました。

伊勢神宮に向かう車中で、
自分たちは新婚旅行で伊勢に来たと話すと
めったに現場にでない社長の私が、
新婚さんを案内するとは奇遇ですねと
とても喜んでくださり、それはそれは丁寧に
伊勢神宮を案内して下さいました。



実は昨日、ぽっかり半日時間が開いたので
奈良県立美術館の「大古事記展」を見に行きました。

ユーモラスで人間味にあふれるエピソードが綴られた古事記の世界を、
美術や考古学、文献学など、
あらゆる角度から味わい尽くそうという企画展です。

天照坐皇大御神や瓊瓊杵尊などの展示を見ていると
何故かふと自分たちの新婚旅行を思い出しました。


小雨が降る平日の美術館は、人ごみもなく
ゆっくり見て回ることができました。

ただお目当てだった堂本印象「木華開耶媛」は
展示が11月16日までだったらしく
見ることが出来ませんでした…残念

ボッティチェリの『ビーナスの誕生』を
想い起させるとても優美な日本画です。
どことなく女優の小雪に似てるように感じるのは私だけでしょうか…









お暇でしたHECATE*WEBSHOPへお立ち寄り下さいませ。↓


 
ブログ ライン.png
いつも応援頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています。
クリックしていただけると、とても嬉しいです。